整理収納現場

暦の上では立春がすぎましたが
まだまだ春を感じることはない寒さ雪
今日も現場行く前につま先から背中に
カイロを貼り出動[みんな:01]
今日の依頼現場は離婚後の整理
弁護士さん立ち会いで分別作業
何が共有物なのか、私物なのか
難しいですねあせる
例えば
お嫁入り道具でもってきた
お客様のお布団セットなんかは
共有物に。
うーーーん、難しい
弁護士さんとご依頼者さま含めて
ひとつ、ひとつ確認して分別作業の仕事となりました。
今日の現場は
ちょっと緊張しましたね[みんな:02]
問題なく作業が終わったので
ホッとしました(^-^)/
iPhoneからの投稿

鬼は外!
福は内!
今日は節分(^-^)/
今年は南南東を向いて恵方巻きを
丸かじり音譜
今日は私が現場へ行って共通する光景ベスト3を挙げてみました。
ベスト3
床があらゆる物の置き場になっている
ベスト2
いろんなところが布で目隠ししてある
ベスト1
『いつか使うカモ』のものが多い
その他
洗濯物の山、雪崩がおきそうな収納などなどあります:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
こんな状態に心当たりありませんか?
ベスト1の『いつか使うカモ』
だから手放すことできないという方のが多いです。
人間心理として
『いつか使うカモしれないから捨てれない』と思ってしまうものですが
実際に、その出番がくる時はどれくらいあるのでしょうか?
現実に使うことなどめったにないと思います。
『いつか使うカモ』しれないモノには必ず期限を決めことがモノを増さないことに繋がってきます!
『いつか使うカモ』に期限をきめましょう!!
iPhoneからの投稿

在庫が無いとおもって買ってきたモノ
特売品だったから買ったなどと理由で
購入した食品達
どんどん古いモノ達は
奥の方へおいやられていき
いずれか忘れられることに・・・
結果、賞味期限が切れ処分!
この賞味期限切れがなんと
15袋でた現場がありました。
もったいな~いしょぼん
なぜ15袋も処分になってしまったのか
・安い時にまとめ買い
・開封したモノ、開封してないモノが
一緒になっている
・カテゴリーでまとめてない
・収納スペースに入りきらない程
在庫を持ってしまった
・適当な場所へ置いてしまい何が
何処にあるのかわからなくなった
などなど、さまざまな理由が重なって
今回、食品だけで15袋も処分になって
しまいました。
このようにならないための3カ条
・管理できる在庫を持つ
・定期的に在庫メンテナンス
・カテゴリーでまとめる
まず、この3カ条やってみよ(^▽^;)
iPhoneからの投稿

押入れの活用って難しくないですか?
これは、男女の脳の違いが
関係あるかも。
女性の脳は構造上、空間認知能力が
男性より少し劣っていると
言われ、空間スペースと
モノの大きさを認識するのが
苦手というところから
押入れなどの空間が難しいのかな。
そんな、押入れでお困りの
クライアントさまのところへ
今日お邪魔しました(≧▽≦)
お困りごとは
娘ちゃんのお部屋の押入れに
4年前に引越しされたままの
ダンボールの荷物の整理と
押入れの中は120%位入ってます。
これらのモノの見直しです。
そして、ゴールは
50%減らし、娘ちゃんのモノを
収めたいという目標でした。
押入れの中のモノを全部出し
ひとずつジャッジをしていきました。
クライアントさまは本がとても
好きでダンボールに入ったままの本を
厳選して絞り込んでもらったのですが
今の量を残すことになると
娘ちゃんのモノを入れることが
できない状況でした。
そこで持つ量を決めることを
ご提案し、
ダンボール1箱に入る分だけ
残してもらうように
さらに厳選し、頑張って
ダンボール1箱だけにしていただきました。
すごく、頑張った決断でしたね。
すばらしい!!
今回の優先順位は
娘ちゃんのモノを入れことが
一番だったので頑張っていただけました合格
目標達成でーす音譜
大変、お疲れ様でしたニコニコ
iPhoneからの投稿

空を見上げると気持ちイイ秋空です


ひつじ雲がふわふわ浮いて秋を感じますね




最近、一時的に片づけが


できなくなってしまったクライアント様からの


依頼が続けてありました。


3年前にご主人さまを亡くされた方


お母様を亡くされた方


二人の方は3年前から時間が


止まったままのお部屋の状況。




片づけができない原因には


【SD状態】


situational disorganization略で


ある状況や環境の変化の原因で


一時的に片づけができない状態のことです。


例えば


出産、職場環境の変化、心の悩みなどが原因で

片づけられなくなるということもあります。


今回のクライアント様の共通点は


『何も、やる気がでない』とおっしゃってました。


気がついたら3年も月日が経っていたということです。


おそらく


大切な方を亡くされたことが原因と考えれます。


今回の依頼では


今の状態からなんとか抜け出したいということでした。


クライアント様と一緒にサポートさせていただき


今は前の様な生活をお過ごしになられています。






iPhoneからの投稿

朝晩の気温の変化が感じる秋らしくなってきましたね。


秋といえば食欲の秋(*^^)v


栗、さんま、キノコなどなど


たくさんの美味しい食べ物が・・・


たまらないですね


さて、昨日は3回目作業のクライアント様の


お宅へ行ってきました。


前回はキッチンの整理収納を行いました。


なんと作業から1ケ月が経っても


キープされてるじゃーありませんかヾ(@°▽°@)ノ


すごい!!!


ちゃんと定位置に戻されてるし、


モノも増えてない。


頑張ってるのが伝わってきますね。


本当に嬉しいです音譜


クライアントさんのゴールは


『いつでも人を呼べるお住まい』です


あと、もう1歩で目標達成です。


ゴールまで全力でお手伝いさせていただきまーす

やってしまったあせる
今日は帰ってくるまでは雨が
降らないとおもって
窓を全開にしたまま仕事へ
いってしまった
帰り道は、前が見えないほど
雨が降ってる雨
家に帰ったら家の中は
ずぶ濡れ
はぁーーー、ショック!
さて、さて、
今日のクライアントさんは
ダイニング・キッチンの依頼でした。
とにかくモノが多く収納しきれなく
あらゆるモノがテーブル、床の上に
置いてある現状。
お話を聞いていると
家族の方が色々なモノをダイニングの
場所へ持ってきて、使ったら
そのまま置きっぱなしというのが
散らかる原因のようです。
やはり、ひとりが片付けを
頑張っても、何も解決はしません。
家族ひとり、ひとりが片付けを
意識してもらうようにすることが
大切です。
そこで、家族で必ずルールを
決めてもらうことをお願いしました。
例えば
寝る前には必ずダイニングテーブルの
上には何もないようにする。
もし、置いてあるモノは強制撤去で
処分する。
など、ルールを決めて
家族みんなで片付けを意識してもらう
ことが原因を解決する近道になると
思います(≡^∇^≡)
iPhoneからの投稿